なずらいふ

Mac・iPhone・Evernoteをこよなく愛す手作り石鹸ママのブログ

手作り石鹸で噂の『手ぬぐい洗顔』やってます

手ぬぐい洗顔がいいらしいって言うんで、私も3週間程前からやってます。

何がいいってね、お化粧しててもクレンジング剤使わないんです!

コレってすごくない?!

手作り石鹸を手ぬぐいで泡立てるとこんな感じ。


泡立てるのに1分もかかってません。

どれくらいだろう?慣れたせいか、泡立てネット使う時と同じくらいです。


私、化粧品売り場の販売員から必ず「お客様のお肌だとオイルじゃなくクリームのクレンジング使われた方がいいですよ。」って言われるんです。

その後に「お肌弱そうですし〜」というフレーズが続きます。

なので、クレンジングせずに手作り石鹸の洗顔だけで済ませられたらいいのにな〜と常々思っていました。

それで手ぬぐい洗顔はクレンジング剤を使わないと言うんで飛びついたわけです。

私の使い方はこうです。


1 お化粧したままぬるま湯で顔を洗います。

2 濡らして絞った手ぬぐいで、そ〜っと優しくお化粧を拭き取ります。
  とにかく優しく優しくです。
  拭き取るたびにファンデの付いていない面で拭き取っていきます。
  最後にアイメイクも横にスーッと流す感じで何度か拭き取ります。
  完全に取れていなくてもOKです。

3 化粧の付いた手ぬぐいを一度石鹸で洗います。(キレイに落ちます)

4 キレイになった手ぬぐいにもう一度石鹸を付けて泡立て、優しくクルクル洗います。
  鼻等の凹凸のある部分は人差し指と中指に手ぬぐいを巻き付けて洗い残しのないようにクルクルします。

5 しっかり洗い流します。


これでクレンジングから洗顔まで完了です。

ちなみにクリームファンデ(日焼け止めのPF+30)とパウダーを乗せていますが大丈夫でした。

ベースマスカラを付けた後、ウォータープルーフのマスカラを重ね付けしている時は、若干マスカラがまつ毛に残っていたので、アイリムーバー使った方がいいかもしれません。


使用感ですが、私はお肌が強くないので、正直手ぬぐいと言えど拭き取るとかどうなんだろう?って思ったんですけど大丈夫だったし、ツルツルになって泡立てネットの洗顔よりも全然イイ!!

もうすでに友達数人に教えて、しかも我が家にある手ぬぐいまで強制的に持ち帰らせて試してもらいましたが全員が「これイイ!」と続けています。


私が使っている手ぬぐいは、白い無地のものです。

日本の老舗の手ぬぐいを使ってます。

3等分にカットして使ってますが、4等分でも良かったかもしれない。

これです↓ 大きさ比較の為にちょうどテーブルにあったマグカップ置いてみました。



購入してすぐは糊なのかな?結構ハリがあるので、何度か手ぬぐいを手洗いしてから洗顔に使いました。

ある程度使った方が生地がいい状態になるそうです。


手ぬぐいの生地にも種類があって「総理」と「徳岡」が主流。

徳岡の方が細い糸を使って目が細かいです。

手ぬぐい洗顔には総理の方がいいそうですが、肌が弱いので私はまず徳岡を使ってみました。


総理を使った事はありませんが、身体を洗うには徳岡だと物足りない感じがするので、身体用に総理を使ってみたいと思ってます。

大丈夫そうだったら洗顔にもね♪