読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なずらいふ

Mac・iPhone・Evernoteをこよなく愛す手作り石鹸ママのブログ

リキッドソープ作成の行程をひたすら写真撮ってみました

作ったリキッドソープ

無水エタノールを使ったリキッドソープ素地を頼まれたので、
変化の激しい状態をひたすら写真に収めてみました。

高温にしていくと、オイルと苛性カリ水がこんな感じに浮遊物が現れます。



気にせずゆっくりグルグルしていくと、そのうち浮遊物はなくなります。




ボコボコと鹸化が始まってきました。




ある程度かき混ぜていくと、こんな泡状態に。




こうなったら勝手に激しく鹸化を始めるので混ぜません。




少し泡のつぶが大きくなってきました。
これから鎮静していく印です。




ねっとり感漂わせながら引いていきます。





ある程度落ち着いてきたところで、追加エタノール投入。





鹸化反応がおさまったら、しっかり混ぜます。




だいぶ透明感が出てきて、もったりなりました。
ここでよ〜〜く混ぜるのがコツです。




私はいつもジップロックコンテナに入れます。





ホカホカの素地をバスタオルを敷いた発砲スチロールの箱に入れます。





あまり隙間ができないようにタオルで埋めたら24時間保温します。




pHチェックをしてアルカリ度が高かったら、アルカリ度を下げるために
はちみつを入れたりします。



という訳で、リキッドソープ素地作成の肝は

『最後にしっかりと混ぜる』

『保温をしっかり』


これが大事です。

アルカリ数値が高すぎた、希釈したら濁っていたという場合はここを
気をつけるといいかもしれません。